今年も引き続きメンズアウターでも人気が続くコーディガン。
2017-2018年秋冬最旬のメンズコーディガンのコーデをまとめました。

コーディガンって何?

そもそも【コーディガン】という言葉自体初めて聞いた、という方もいらっしゃるでしょうか。

コーディガンとはコート×カーディガンから生まれた言葉です。

コートとカーディガンのいいとこどりで年中使えるかなり優れたアイテムです。
年中使えるといっても素材がコート寄りになったりカーディガン寄りになったりします。

【春・夏】

薄手の麻ニット素材が多くさらりと羽織れるカーディガン的な使い方が多い

【秋・冬】

コートのような厚手の生地になりアウターとして活躍

このような感じで素材を変え年中使える便利なアイテムなんです。

さらにうれしいのがスタイルが良く見える、という点です。
コーディガンは長めの丈感なのでIラインシルエットを作ってくれ、
スッキリとバランスよく見せてくれるんです。

オシャレ感が簡単に出せるのに、コートほど堅苦しくないのでキメ過ぎないラフな着こなしにピッタリ。
ゆっくりとショップ巡りデートなんかのリラックスシーンにコーディガンコーデはピッタリ。
流行中のアイテムなので女子ウケも◎

元々レディースのアイテムからメンズ人気にも火が付いたようですが、人気が出たのも納得のいいとこどりアイテムなんです。

今回は特にこれからの季節、秋冬のメンズコーデをご紹介していきます。

コーディガンに合わせるボトムスは

コーディガンのコーデ紹介に入る前にメンズの皆さんがコーディガンコーデを作るうえで
絶対に外さない鉄板ボトムスがあるのでご紹介しておきます。

それは。。。

【細身のパンツ】です!!

先ほども紹介したようにコーディガンは縦長でスタイルを良く見せてくれる効果があります。
その際に細身のパンツをはいているとよりIラインが強調されてスタイルが良く見えるんですね。

・だぼだぼのズボンの場合

・細身のズボンの場合

見た目が全く違いませんか?
元々スタイルの良いモデルさんでもこんなに違うんです。。。

皆さん絶対細身のズボンを合わせましょうね。

コーディガンに合わせるオススメのスキニーパンツは

・ベーシックな黒のスキニーチノパン

何にでも合う、ザ★定番な黒スキニーはコーディガンコーデの時だけでなく
さまざまなアイテムにも合わせられるので自分のお気に入りの黒スキニーを見つけておくのをお勧めします!

アンクルタイプもヌケ感が出せてお勧めです。

・スキニーデニム

こちらもどんな着こなしにも合う、定番ボトムス。
今年らしさを取り入れるために適度なダメージの入ったデニムがオススメ。
こなれ感を演出してくれます。
今季のサーフトレンドに乗って多くのデニムが出てきているのでトレンド感のあるものもオススメですが、長く着れてどんなアイテムにも合わせやすいという点では
写真のような程よいダメージがオススメ!

・細身のジョガーパンツ

アスレジャースタイルというスポーツテイストな着こなしが引き続き人気の今季。
スポーツミックススタイルに手っ取り早く仕上げてくれるのがジョガーパンツです。
しかしながらスウェットのアイテムなので部屋感が出ないように細身のアイテムを選びましょうね。

秋冬におススメめのコーディガン

ニットコーディガン

コーディガンの造語の元になっているカーディガンもほとんどがニット素材ですよね。
ニットのコーディガンはカーディガンの代わりとしてすぐに取り入れられそうですよね。
またニットの柔らかな素材感が秋冬にピッタリの季節感のある着こなしに仕上げてくれますね。

フード付きアイテム

大きめのフードがこなれ感を演出してくれるアイテム。
キメ過ぎず、全体をカジュアルな雰囲気にしてくれます。
また首元にボリュームが出ることによって小顔効果も狙えますよ!

カジュアルなスウェットタイプ


程よい厚みでストレスフリーな着心地が特徴のスウェット。
カジュアルアイテムの代表素材のスウェットですが、コーディガンにすることによってキレイめに仕上がりカジュアルにより過ぎません。

流行のオルテガ柄

春夏から引き続き人気のサーフトレンドに乗って大胆なオルテガ柄のコーディガンも登場しています。
旬な着こなしになるので挑戦してみるのもアリですよ!

秋冬おすすめのメンズコーディガンコーデ集

①好感度カラーのキャメル

キャメルのコーディガンで好感度の高い柔らかなコーデに。
フードが付いていることでカジュアルな印象にできます。
また首回りにボリュームがあると小顔効果も期待できますよ。
コーディガンの特徴でもあるスタイルアップ効果を、
ブーツコーデの記事でも紹介した細身のパンツ×パンツと同じ色のブーツで
脚長効果演出を合わせることでさらにシュッとした印象のコーデに仕上がってますね。

②ブラックのコーディガンでコーデを引き締める

カジュアルなスタイルにブラックのコーディガンを合わせたスタイル。
ブラックがカジュアルコーデを引き締めてくれますね。
デティールにもこだわって、今人気のクラッシュパンツや
スニーカーを合わせて軽やかな印象に。


こちらもなんて事のない白T×デニムのコーデですがブラックのコーディガンを羽織っただけで一気に旬な着こなしになりますね。

③秋冬もサーフな気分


秋冬もメンズファッションでは引き続きサーフトレンドは続いています。
大胆なオルテガ柄のアイテムは羽織るだけで旬な一着。
暗めアウターのインナーは明るめが◎


こちらはサーフスタイルらしくデニムにオルテガ柄のアイテムを合わせた着こなし。
ホワイト×デニムの秋冬らしからぬ色彩が映えますね。

④ストリートスタイルもOK

ブラックのフード付きアイテムに今年トレンドカラーのヴィヴィッドなオレンジをインナーにチョイス。
インナーの色が派手でもアウターのブラックの面積が多いと、
良い感じに中和してくれるので合わせやすいですよ。
クラッシュデニムにワークブーツを合わせればモードなストリートスタイルの完成。

⑤大人のリラックススタイルに


アースカラーのアイテムは大人の上品さを醸し出してくれる。
アースカラーでまとめることでキメ過ぎ感のないサラッとカッコイイスタイルに仕上がってますね。

こちらもアースカラーでまとめたリラックス感溢れるコーデ。


難しそうに見えるホワイトも、インナーに暗めの色を持ってくると失敗しずらいですよ。
ザックリニットの素材感と相まってリラックス感溢れる着こなし。

⑥着回ししやすいグレー


着回ししやすいグレーはモノトーンでまとめると大人な雰囲気に。
デニムを合わせれば軽やかな雰囲気になりますね。


ザックリとしたニット素材ならカジュアルな印象に。

⑦人気のカーキ

カーキはメンズ秋冬のアイテムでは定番カラーですよね。
羽織るだけで大人っぽく仕上げてくれる頼れるアイテムです。


ストリートスタイルに合わせても◎

⑧ネイビーも人気


ネイビーのメンズコーディガンなら爽やかにまとまりますね。


ダークトーンでまとめてアンニュイにも。


ホワイトコーデに合わせて爽やかに。

⑨ストライプでさらにスタイルアップ効果を狙う


ストライプがさらに縦長ラインを強調してくれる。


こちらも大人らしい着こなしですね。


膨張色にみられがちな薄いグレーでもスッキリとしますね。

コーディガンの選び方のコツ

基本的にどんなスタイルにも似合わないことはないコーディガンですが、
とはいえオススメはブラックのメンズコーディガンです。

どんなコーデにも似合います。

でも秋冬は他のアイテムが暗い色になりがちですよね。
すでに黒のアイテムばっかり持ってるんだけど。。。
どうかな?って悩んでしまうメンズの方もいると思います。
確かに、さすがに全身真っ黒なコーデはいただけないですね。

でも、インナーに持ってくるトップス、白持ってませんか??

白のインナーがあるな…って方は先ほどのコーデ集でも描いた通り
暗めのアウターには明るい色のインナーを持ってくるとバランスが良く見えます。

また先ほどお伝えした通り、メンズコーディガンをコーデに取り入れるなら
是非スキニーパンツを持っておくことをお勧めします。

いかがでしたか

どんなスタイルにも違和感なくハマって今年らしい印象にしてくれるコーディガン!
是非取り入れてみてくださいね。

おむちん
Author

戦う母兼戦う平社員。 おいしいものに目がない。 ゆっくり寝るのが目下の夢。

Comments are closed.